開店祝いのお花(胡蝶蘭、スタンド花)贈り方マナー

開店祝いや開業祝いにお花を贈るタイミングは開店・開業の前日までに贈るのが一般的です。
開店の当日は忙しいので前日までに届けるほうが良いでしょう。
開店の当日は商売繁盛を願って、会社やお店のにお祝いのスタンド花や胡蝶蘭が並び、取引先の開店や開業を祝います。


【胡蝶蘭】が人気の理由
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」です。
幸福が飛んでくる=お花を贈った後の更なる発展を願うという意味で
法人間でのギフトや、選挙の陣中見舞い・当選祝いとしても頻繁に贈られています。
また、胡蝶蘭は他の生花に比べて手入れが簡単で花が長持ちすることも贈答用に好まれる理由のひとつです。
環境が良ければ、夏でも1ヶ月~冬は2ヶ月程度花が持ちます。
水やりは7~10日に一度が丁度良いでしょう。水のやり過ぎにはご注意ください。

胡蝶蘭

 

 

【スタンド花】が人気の理由
新規開店したお店の入口が華やかになり、道行く人の目を引き立ち寄りやすくなります。開店するお店からも集客ツールのひとつとして喜ばれます。
スタンド花は切花を用いるため、数日~1週間程度が飾る期間のピークとなります。
スタンド花は大変大きく、飾る場所が必要なことから、注文する前に先方に花を贈ることを伝えましょう。
飲食や衣料関係のお店には香の強いお花は避けた方が良いので、注文する際にはその旨ひと言添えておくと良いです。

スタンド花

 

【立て札】の書き方
フラワーギフトに添える立て札には、その花が誰から贈られてきたのかを表すだけでなく、
開店したお店の宣伝や、お店と花の贈り主の関係をアピールするという意味も含まれています。
開店祝いの花は、その店宛に贈られたものという事が一目瞭然ですので、立て札へのお届け先様の記載を省略する場合が多いようです。
立て札には、赤い文字で「御祝」「祝開業」「祝就任」「祝○○周年」などの飾り文字(頭書き、冠文字とも言う)を入れます。
開店祝いの場合の飾り文字には一般的に「祝開店」と書きます。
贈り主を表す情報として、会社名(或いは団体名)、役職、氏名を書きます。

立て札の書き方

 

 

 


【その他の記事】