お悔やみ電報、弔電の送り方、マナー

 

親しい方、懇意のある方がお亡くなりになった場合、どうしても通夜、葬儀、告別式に参列できない場合にはお悔やみ電報で追悼の意を表します。

以下のページでは弔電で用いられる敬称、忌み言葉などマナーのほか、文例や弔電の送り方をご紹介しています。

 

最も一般的な送り方は、NTTの115番に電話する方法ですが、夜間は電話受付けしていません。

オペレーターに口頭で伝える時間も考慮すると、インターネットからのご利用が良いでしょう。

パソコンまたはスマートフォンでインターネットから24時間申し込みでき、長文でも定額[1,382円(税込)~]の

電報サービス VERY CARDがお得です。

 

弔電の送り方マナー

 

VERY CARDのご紹介

佐川急便の子会社である、「佐川ヒューモニー株式会社」が

総務省より特定信書便事業許可を取得して運営している電報サービスです。

2002年に創業しており、NTTに次いで歴史の長いサービスとなっています。

多くのデザイン台紙やフラワー電報をラインナップし

ご利用シーンにあった商品が選びやすくなっています。

東京23区、名古屋市、大阪市、福岡市、札幌市の主要エリアでは

17時までの申し込みから、3時間以内(一部地域を除く)でお届けが可能な

特急便サービスも利用可能です。