失礼のないカタログギフトの贈り方、マナー

 

お祝い事やそのお返しに何を贈れば良いか迷うことはありませんか?
そのようなシーンではカタログギフトが選ばれるケースが多いようです。
でも、カタログギフトを贈るのって失礼にならないか不安があります。
マナーを理解すれば安心してギフトを贈れますね。

【カタログギフトが失礼と思われがち?】
 失礼かな?と思われがちなのが、ギフトを受け取った方が「カタログを見て選ばせるのか!」とならないか。。。
 昔とは変わって、現代ではギフトの使われ方がカジュアルになっているようです。
 矢野経済研究所の調査結果が公表されています。

 ギフト市場に関する調査結果 2015 - 矢野経済研究所
   (要約)
   ギフト市場が拡大している背景は、カジュアルなギフト需要の台頭に因るところが大きい。
   冠婚葬祭全てに対応し、且つ年代や性別も問わないカタログギフトの進化やソーシャルギフトの急成長
   「自分へのギフト」としてのご褒美需要の増加など、ギフトを取り巻く環境は用途や目的、品目、贈答方法のすべてにおいて多様化、複雑化してきている。

 
 また、失礼の無いように、品物だけではなくお礼やお祝いのメッセージを添えて贈ることもポイントです。


【カタログギフトの最大の魅力はズバリ「選べること」】
 一般的なギフトでは、自分は良かれと思って贈ったのに、相手によっては良く思われない場合があります。
 お互いに残念な気持ちになってしまいますよね。
 その理由は主に、頂いたもを「既に持っている」、「他の方からの贈り物とかぶっている」、「好みに合わない」などです。
 こういった心配が要らないのがカタログギフトです。
 カタログギフトでは、貰った方が品物を選ぶので、上記のような心配は要りません。
 安心して贈ることができます。
 

カタログギフト


【その他の記事】